toggle

技法

まず、最初におことわりですが、このページの技法は正式な、あるいは伝統的な日本画の技法ではありません。もし、伝統的な日本画についての情報を得たい方は、それらの技法書をひも解くことをお薦めいたします。ここで、御紹介いたしますのは、ばたばたと忙しい生活の中から、いかに日本画らしいものを描くことができるか、という少々いいかげんな筆者の経験から考えられた技法です。とはいっても、今の和紙一つとっても、かなりパルプが入っていると聞きますし、人造岩絵の具や、アクリル系の膠など、すでに日本画の素材自体が、古来の伝統的な技術でできているわけではありません。どこからどこまでが正統な日本画でどこからどこまでがそうでないのか。区別することは困難だとも思われます。とりあえず、伝統的な材料、技法に則りながらも、今の僕らの生活のスタイルから考えられた技法だと御理解いただければ幸いです。(*なお、作業は個々の責任にて行いください。)

和紙(支持体)
刷毛
顔彩
胡粉
パネル貼り