toggle

岩のスケッチブック

岩の前に座っていると、ふと自分が死んだ後もこの岩は何万年とここにあるのだろうと思う瞬間があって、不思議な感覚に襲われます。また、岩の表面ってつるつるで、昼寝をしてても、結構気持ちよくて、岩だから硬いとばかりはいえないところがあります。スケッチの途中、猿が一匹、岩上からこちらを見ていました。

猿といえども、この場で出会うとなぜか対等になったような気がして、思わずこんちわと言いかけて、やめます。そしたらその猿、こちらに一瞥くれただけでささっと行ってしまいました。

黒藤川の岩  久万高原町2010
中津の岩  久万高原町2007
黒藤川の岩  久万高原町2003
落手の岩  久万高原町1997
面河の岩  久万高原町1995
奥多摩の岩  奥多摩1995